しっかりとした栄養素が必要

 

gudshkjdjsgdsjhk

両親が身長が低い場合、遺伝的要素で子供の身長も低くなることも多いです。しかし、両親が身長が低くても子供は背が高いというケースも少なくありません。

ですから身長の大きさに遺伝的要素は少ないのです。しかし、遺伝要素以外の要因が絡んで両親が身長が高いのに子供が身長が伸びないことも多いです。

遺伝的要素以外に身長を伸ばす要因としては、質の良い睡眠を十分に取ることと、成長ホルモンの分泌が盛んになるように、食生活や生活習慣を見直す事などが上げられます。

特に食生活は体を大きくするために必要な栄養素の他、成長ホルモンを生成するのに必要な栄養素を積極的に摂取する必要があります。

大きくなるために必要な栄養素は糖質、脂質、タンパク質などの他ビタミン類やミネラル類などをバランスよく食べる必要があります。

また、成長ホルモンの生成に必要なのはタンパク質です。タンパク質を積極的に摂取することでタンパク質が分解されたときのアミノ酸を使用し、成長ホルモンは生成されるのです。

サプリの選び方と注意点

近年では身長の高い子が多く、身長が低い人はコンプレックスと感じている場合が多いです。そのため様々な健康食品などで身長を伸ばすという効果のあるものが売られています。しかし、実際飲んでは見たもののなかなか効果が得られないと言う人たちも多いです。

今販売されている身長を伸ばすためのサプリメントは、ある程度の効果は見られるかもしれませんがが、科学的根拠が少なく実際に身長が伸びるものではない商品が多いです。

身長を伸ばすサプリに多く配合されているアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進させる効果がありますが、この効果は血中にしかも高濃度で吸収された場合という条件があり、サプリメントで摂取するだけでは非常に効果は少ないといえます。

また、マウスの実験だけが先走ってしまい、人間でのデータが確認できていないものまであります。

どうしても身長を伸ばしたいためにサプリメントを必要とする場合には、身長が伸びるという表示に惑わされることなく、骨やしっかりとした体を作るのに大切な栄養素が配合されたものを選びます。

サプリメントを服用するとどんな悩み事も消えると考えて、色々なサプリメントを試す人がいます。しかし、サプリメントは薬ではなく、日常生活の中でなかなか補いきれない栄養素などを補うための物ですので、サプリメントだけに頼らず日常の生活習慣や食生活の中でできるだけ摂取する努力をしましょう。

その上でもう少し効果が欲しい、どんなに頑張ってもなかなか栄養素が補いきれないと言う人はサプリメントを補助的に使用することが大切です。